第4章 文 化 財
          
多良間村文化財保護条例                    
                                    昭和6141
                                   条例第87
 
第1章 総則
(目的)
第1条 この条例は、文化財保護法(昭和25年法律第214号以下「法」という。)
98条第2項の規定に基づき、法の規定による指定を受けた文化財及び沖縄県文化
財保護条例(昭和37年沖縄県条例第25号。以下「県条例」という。)の規定による
指定を受けた文化財以外の文化財で多良間村(以下「村」という。)の区域内に存
するもののうち村にとつて重要なものについて、その保存及び活用のため必要な
措置を講じ、もつて村民の文化的向上に資するとともに、当村文化の進歩に貢献
することを目的とする。
(定義)
第2条 この条例で文化財とは、次に掲げるものをいう。
(1) 建造物、絵画、彫刻、工芸品、書跡、典籍、古文書その他の有形の文化的所
産で歴史上又は芸術上価値の高いもの及び考古資料(以下「有形文化財」とい
う。)
(2) 演劇、音楽、工芸技術その他の無形の文化的所産で歴史上または芸術上価値
の高いもの(以下「無形文化財」という。)
(3) 衣食住、生業、信仰、年中行事等に関する風俗、慣習およびこれに用いられ
た衣服、器具、家屋その他の物件で、村民の生活の推移の理解のため欠くこと
のできないもの(以下「民俗資料」という。)
(4) 貝づか、古墳、旧宅その他の遺跡で歴史上または学術上価値の高いもの(以
下「史跡」という。)
(5) 庭園、山岳その他の名勝で芸術上または観賞上価値の高いもの(以下「名
勝」という。)ならびに動物(生息地、繁殖地および渡来地を含む。)、植物)(自
生地を含む。)および鉱物(特異な自然の現象の生じている土地を含む。)で学術
上価値の高いもの(以下「天然記念物」という。) 
(財産権等の尊重および他の公益との調整) 
第3条 多良間村教育委員会(以下「教育委員会」という。)はこの条例の施行に当 
たつては、関係者の所有権その他の財産権を尊重するとともに、文化財の保護と 
他の公益との調整に留意しなければならない。  
2 文化財の所有者、その他の関係者は、文化財が貴重な村民的財産であることを 
自覚し、これを公共のために大切に保存するとともにできるだけこれを公開する 
など、その文化的活用につとめなければならない。 
3 村民は、教育委員会がこの条例の目的を達成するため行う措置に対して、誠実 
に協力しなければならない。 
                                                   3863

第1章 総 則 
第2章 文化財保護委員会 
第3章 指定文化財  1p 2p   3p   
第4章 罰 則
第5章 補 則   1p  2p
 
第4章 文化財
      多良間村教育委員会top