とができる。
3 管理責任者については第1項の規定を準用する。
(届出)
第13条 村指定文化財の所有者または管理責任者は、次に掲げる事項に該当する
ときは、すみやかに教育委員会に届け出なければならない。
(1) 所有者が変更したとき。
(2) 管理責任者を選任または解任したとき。
(3) 所有者または管理責任者が、その氏名または住所(法人にあつては、その名
称、商号、所在地)を変更したとき。
(4) 村指定文化財の全部または一部が滅失し、き損しまたは盗みとられたとき。
(5) 村指定文化財の所在の場所を変更したとき。
(6) 村指定史跡、名勝、天然記念物の指定地域内の土地についてはその所在、地
番および地目に変更がありまたは地積に異動があつたとき。
2 村指定有形文化財の所有者または管理責任者は当該指定有形文化財の現状を変
更し、または修理しようとするときは、あらかじめその旨を教育委員会に届け出
なければならない。
3 村指定無形文化財の保持者が氏名または住所を変更し、もしくは死亡したとき
は、保持者または相続人はすみやかにその旨を教育委員会に届けなければなら
ない。
(管理もしくは修理または保存に要する経費)
第14条 村は、村指定文化財ならびに国および県指定文化財のうち、村内に存ず
る文化財の管理もしくは修理または保存に要する経費の一部にあてさせるため、
その文化財の所有者または保持者に予算の範囲内で補助金を交付することができ
る。                                                                                                                               
 前項の補助金を交付するときは、教育委員会は管理もしくは修理または保存に
関し、必要と認める事項について指示することができる。
(管理または修理に関する勧告)
第15条 村指定文化財の管理が適当でないため、当該村指定文化財が滅失し、き
損し、または盗みとられる憂いがあると認めるときは、教育委員会は、所有者
たは管理責任者に対し、管理方法の改善、保存施設の設置、その他管理に関し必
要な措置を勧告することができる。
 3876

第1章 総 則 
第2章 文化財保護委員会 
第3章 指定文化財  1p  2p    3p   
第4章 罰 則
第5章 補 則  1p   2p
 
第4章 文 化 財
多良間村教育委員会top